文字サイズ: 縮小 標準 拡大 色反転: 黒反転/通常色
派遣 手話通訳者・要約筆記者 相談 ろうあ者・難聴者 貸出 ビデオ・情報機器 施設利用 部屋・設備

ビデオ(DVD)・情報機器の貸出

利用可能時間:毎週火曜日~土曜日9:00~21:00(日曜日は9:00~17:00まで)

字幕・手話通訳付ビデオ(DVD)の貸出

DVD棚

字幕・手話通訳付ビデオ(DVD)の貸出 東京の聴力障害者情報文化センターその他が制作した字幕付ビデオや手話学習ビデオ。
当センターが制作するビデオ(DVD)などの貸し出しを行っています。

字幕・手話通訳付ビデオ(DVD)を借りる場合

  1. ビデオ(DVD)を借りる場合は、受付で貸出カードを登録・交付します。
    登録の方法は、下記の通りです。
    a.登録申込書に記入して提出
    b.本人と住所を証明するもの
    (障害者手帳、運転免許証、健康保険証など)を提示
  2. 登録後、ビデオ(DVD)を借りる時は、必ず借りるビデオ(DVD)と一緒に貸出カードを受付に出してください。
  3. ビデオ(DVD)の貸し出しは、原則として一回3本、2週間までです。
  4. ビデオ(DVD)のリスト(一覧表)は、ロビーに常備しています。 現物及びリストをご覧頂いて、借りたいビデオ(DVD)を選んでください。
  5. 字幕付ビデオは著作権法上、貸出対象が聴覚障害者のみ(※手帳を所有していない軽度の中途失聴・難聴者も含む)になっていますが、自主制作ビデオ等は、聞こえる人でも貸し出しを行っています。
みなさまの積極的なご利用をお待ちしております。
当センター取扱ビデオ(DVD)一覧(PDF形式)

字幕付ビデオはなぜ、聞こえる人は借りることはできないのでしょうか?
字幕付ビデオは「字幕ビデオライブラリー共同事業運営要綱」により貸出の対象者が、身体障害者手帳を持っている聴覚障害者(児)、又はその保護者、並びに聴覚障害者関係団体等に限られています。
そのため、字幕付ビデオは、聞こえる人は借りることができません。
でも、高齢で耳が遠くなってテレビを楽しめないとか、軽度の中途失聴・難聴のために身体障害者手帳の交付が認められなかったという方も、相談に応じますので、一度窓口までお越しください。
 また、字幕付ビデオの一部(青ラベルやピンクのシールがついているもの)や当センター自主制作ビデオなど聞こえる人が借りられるものもありますので、ご来館の上、ロビーのビデオの棚を覗いてみてください。
いつも楽しみに見ているテレビ番組があるのですが、字幕がついていません(字幕デコーダーは持っています)。
そちらで字幕をつけてくれるのでしょうか?
テレビ番組に字幕をつけるには、著作権問題を解決する必要があります。
現在、センターで貸し出ししている字幕付ビデオはすべて著作権の許可が下りたものだけです。
また、センターには字幕をつけるための体制が整っていません。
残念ながら、現在での対応は困難です。

TEL:044-798-8800(代表)
FAX:044-798-8805(24時間受信可能)

情報機器の貸出

情報機器の貸し出し

OHP(オーバーヘッドプロジェクター)やOHC(オーバーヘッドカメラ)、スクリーン、磁気ループ、液晶プロジェクターなどを貸し出します。

貸出用情報機器一覧(PDF形式)

貸出中で現物が無い場合もありますので、前もってお問い合わせください。
FAXにて、なるべくお使いになる日の一週間以上前までにお申込みください。

情報機器の貸出申請書

PDF形式 WORD形式

申請書の記入例は、こちらをご覧ください。 記入例(PDF形式)

情報機器の貸出申請先
TEL:044-798-8800(代表)
FAX:044-798-8804(24時間受信可能)